食品を包装しているトレーは積極的に回収に協力することでリサクルされてごみの削減などのエコ活動になります。

食品トレー回収でエコの実践!

エコ活動で家庭からのトレーごみを無くしましょう。

最近では、多くの食品スーパーマーケットや大型ショッピングモールなどの小売業において食品トレーの回収ボックスなどを設置しています。これは、スーパーなどの店頭に並んでいる商品を販売するときに使用されているトレーを、回収することでエコに役立てようとする取組みなのです。これは捨てると当然にごみとなります。以前においてはこのような食品トレーは燃やすと有害な物質であるダイオキシンなどを発生させる容器がありました。このようなトレーは大きな社会問題になってから禁止されており、いまでは燃やしても無害な材料にて作られています。しかし、焼却すれば灰が廃棄物として発生しますし、焼却に使用する火力に関わるエネルギーの無駄、トレーを製造した原材料の無駄に繋がります。このような使い捨ての大量消費社会の構造を見直して省資源、省エネルギーなリサイクル社会、持続可能なエコな社会への取組みが行なわれているのです。

このようなエコな社会への取組みは、企業レベルでも進められています。食品トレーの材質の見直しもそうですし、店頭にてトレーを回収している小売業者においても同様です。回収した食品トレーを運搬してリサイクル製品へ転換するのですが、この回収ボックスの設置や回収、運搬にも経費がかかっています。それは小売業者が負担しており、このような取組みの後押しをしているのです。また、できるだけ食品トレーを使用しない販売形態への取組みも進めており、これがごみの削減に繋がると期待されています。トレーを使用する際にもリサイクル可能な商品やリサイクルされた製品を購入、使用しています。食品トレーの回収に積極的に参加するだけでごみの削減や省エネルギー・省資源に貢献することができるのです。

オススメワード

Copyright (C)2018食品トレー回収でエコの実践!.All rights reserved.