スーパーの生鮮食品やお惣菜などに使われているトレーは使い捨てで便利ですが、洗って回収箱に返せばエコ活動です。

食品トレー回収でエコの実践!

使い捨ての便利なトレーも洗って返却すればエコ活動に

身近なところから始められるエコ活動と言えば、紙パックやトレーのリサイクルです。マイバッグやごみの分別はエコというよりももはや当たり前のことです。牛乳の紙パックやお惣菜などが入ったトレーのリサイクルまでできて初めてエコ活動と言えるのではないでしょうか。特にトレーは本当によく使われています。紙トレー、プラスチックトレーなど種類はいろいろですが、どれもリサイクル可能なものです。私もリサイクルのためにスーパーの回収箱に入れるようになって改めて気づいたのですが、お惣菜やお肉、お魚だけではありません。長いものような野菜にも使われていますし、スイーツなんかにも使われています。最近はお肉などでラップ包装だけのエコ包装になったものが出始めていますが、まだまだトレーが主流です。

スーパーにトレーを返しに行くと、たくさんの人が回収に協力をしているのが分かります。しかしそれでも大半が捨てられていることでしょう。そもそもトレーがなぜ使われるのか考えてみますと、それは我々消費者が便利だと思うからにほかなりません。お惣菜のプラスチックトレーなどでもそのままチンできるようになっているのは、器に移さずそのままチンしてそのまま食べ、そのまま捨てられるようになっています。独身の人なんかはいちいち器に移し替えたりはしていないでしょう。そんな人がトレーを洗ってスーパーに返しに行くとは考えにくいです。となると結局は便利さを取るか、エコを取るかという話になります。使い捨てという便利さに慣れてしまうとなかなか抜け出せないものです。

Copyright (C)2018食品トレー回収でエコの実践!.All rights reserved.