最近エコパックなどという名称でトレーを使わず売られている肉や魚を見かけます。もっと一般的になればいいのに。

食品トレー回収でエコの実践!

エコのためにもトレーはなくしてほしい

エコという言葉が多用されている昨今、私もエコに対する意識は人並みにあると思っています。と言っても特別難しいことはしておらず、マイバックやマイ箸を利用している程度ではありますが。そんな私が今気になっているのが肉や魚、惣菜などが入っている発泡スチロールのトレーです。私は買い物をしたとき、状況が許せばあのトレー類は会計後にその場で外し、捨てて帰るようにしています。状況が許せばというのは、その場で外しても捨てる場所がきちんとあるときということで、そこまで望めないことも多いです。そういうときはそのまま持ち帰り、トレーは洗って回収ボックスに持って行きリサイクル出来るようにしています。

でも手間もかかりますし油分が染み込んだトレーをきれいに洗うのはなかなか大変な作業で、出来れば捨てて帰りたいなぁと思っています。ですが、エコの観点から言えばそれもどうなんだろうという思いもあります。トレーをその場で捨てられるということは便利ですがその捨てられたトレーはおそらくリサイクルされることもなくそのままゴミになっていると思います。いくら自分が楽になるためだからといって不要なゴミをどんどん増やしていることに罪悪感も感じます。そこで最近いいなと思うのが、最初からトレーではなくビニルのパックなどで売られている肉や魚です。これだとゴミも減らせますし買い物の荷物もかさばりません。「エコパック」などと表記して少し特別なものとして売られていることが多いですが、こういった商品がもっと一般的になればいいのにと思います。

オススメワード

Copyright (C)2018食品トレー回収でエコの実践!.All rights reserved.